開催要項
趣旨
 社会の高度情報化が生活にもたらす恩恵は計り知れません。しかし、その反面で高度情報化が人間に及ぼす悪影響も無視できない現状にあります。
 最近は出会い系サイトに端を発する殺人事件が起きたり、身に覚えのない情報料の多額な請求、あるいは携帯電話やiモードの過剰使用など、IT化の陰に潜む問題は解決に急を要する問題ばかりです。

 科学は人間が幸せで快適な生活を送るために築き上げた文化です。
 しかし、科学という文化は両刃の剣でもあるのです。核のエネルギーは平和利用すれば電力となって生活を豊かにしますが、兵器として使えば核爆弾という凶器になります。ITも使い方によっては人間性を破戒する、対人兵器となりうるのです。

 
 「子どもと有害サイトから守る会」では、かねてよりインターネット上の有害情報から子どもを守る方法を模索して参りました。その中でも有害なサイトへのアクセスを規制するフィルタリングソフトは有効な対策の中心的役割を果たしてきたと言われています。
 ところが、フィルタリングの性能やコストは、フィルタリングメーカーごとに様々であり、どのフィルタリングが本当に有効であるかが、非常に判断し難い現状にあります。
 そこで、当会では『公開フィルタリングテスト』を行い、多種多様なフィルタリングの有効性・機能性を検証して参りたいと思います。

 学校に安全な情報環境を実現して行くために、行政任せ、企業任せにするのではなく、教育関係者の皆様、そしてこの問題に潜む危険性を感じ始めている方々皆で解決策を模索していきたいと考えております。


 ぜひ、「子どもと有害サイトサミット」にご参加頂けるようにお願い申し上げます。
日時
平成13年7月28日(土)午後2時〜 開場1時30分
場所
こどもの城9F 研修室(東京都渋谷区神宮前5−53−1 TEL:03−3797−5677)
主催
子どもと有害サイトサミット実行委員会
後援
教育情報新聞社
子どもIT評議会
子どもを有害サイトから守る会
開催内容
プログラム予定

13:30 受付開始
14:00 開会あいさつ
 子どもを有害サイトから守る会 事務局長 菅野 正敏
14:10 フィルタリング 展示と実演

展示と実演
・アルプスシステムインテグレーション株式会社
・シールドジャパン株式会社
・株式会社 住友金属システムソリューションズ
・株式会社ドコモAOL
・株式会社シールズ

展示
・株式会社マキエンタープライズ
・日商エレクトロニクス株式会社
・教育情報新聞社
・子どもを有害サイトから守る会
15:50 講演
「親子で楽しむネット講座」 ドコモAOL 花田 高志氏
16:30 フィルタリングアンケート発表
子どもIT評議会発会式
16:40 パネルディスカッション
「子どもをとりまくインターネット環境 
〜情報の有害・無害をどう判断するのか?」



・AOL子ども向けコミュニティ「こどもひろば」コミュニティリーダー 会田 和弘氏
・KDDI研究所 インターネットアプリケーショングループ 井ノ上 直己氏
・子どもを有害サイトから守る会 理事長 藤掛 紳一
・学校関係者 他
 コーディネーター 教育情報新聞社 梶浦 真
18:30 懇談会
・情報交換会
20:30 閉会
※開催内容が変更することがありますのでご了承下さい。
公開フィルタリング
フィルタリングの展示と実演
複数のフィルタリングメーカーのソフトを具体的に見ていただき、多種多様なフィルタリングの有効性・機能性を検証して行きます。
パネルディスカッション
「子どもをとりまくインターネット環境」
「フィルタリングソフトの現状アンケート」の公開を通して、ユーザー側からみたものや、メーカー側からの見解など質問や意見を交流しあい、安全な情報環境の実現や有害情報への対応策を考えて行きます。
参加申込

参加申込フォームへ
※参加申込数が100名になり次第、申込みを締め切らせていただきます。

お問い合わせ
子どもを有害サイトから守る会(NPO法人)
事務局長 菅野正敏
本部 メール proxy@sainokuni.ne.jp
電話:0489-26-1150

>>子どもを有害サイトから守る会ホームに戻る