○KDDI 携帯ネット網を開放 今秋 接続業者 選ぶ仕組み 朝日新聞6月15日掲載記事
 KDDIは14日、傘下の携帯電話会社auからインターネットに接続するサービス「EZウェブ」を、他のネット接続業者(プロバイダー)に今秋から開放し、利用者が自由にプロバイダーを選べる仕組みに切り替えると発表した。最王手のNTTドコモもiモードを2年後に自主開放すると発表しているが、KDDIはコンテンツ(情報の中身)多様化のため開放策を他社より先行させる。

 パソコンからネット接続では、パソコンメーカーに関係なく「ニフティ」「ビックローブ」など自由にプロバイダーを選べ、どのサイトにも接続できるが、携帯電話のネット接続は携帯電話会社自身がプロバイダー業務も事実上独占してきた。総務省も、携帯各社に開放を要請していた。

 こうした施設は日本テレコム傘下のJ−フォンも検討中で、将来的には携帯からのネット接続は、携帯電話会社に関係なくサービスが受けられるようになる見通しだ。

ホームに戻る