○子どもを有害サイトから守る 太田で11日にセミナー 上毛新聞 2001年8月28日掲載  
太田市の「おおたNPOセンター」(篠木英夫所長)は9月11日午後1時半から、同市浜松の市役所で、子どもをインターネットの有害サイトから守るセミナーを開く。
 インターネットは、産業活動や生活に欠かせないメディアだが、子どもたちに有害な情報もあふれていることから、子どもたちを有害サイトから守る活動の第一弾として行う。
 対象は、小・中・養護学校の教諭と中学校のPTAら41人。講師は群馬大社会情報学部大学院研究科の下田博次教授で、日米の有害サイト対策の違いや家庭でできること、学校でやらなくてはならないことなどについて説明する。
 同センターは今後、一般市民を対象にしたセミナーも開催していく方針で「有害サイトから、子どもを守るための取り組みへの関心を高めて行きたい」と話している。お問い合わせ0276-60-2050

ホームに戻る